お客様と美容師

image

現在AArtiriorはお客様の髪質やコンディション、デザインや好みにご対応できますように
厳選したシャンプーをはじめ品質の良いプロダクトをご用意しております。
その中でも僕自身が今年から製品テストからビジュアル全般において監修させて頂いてる
【 ORIENS’TELLA 】
http://www.orienstella.jp
というブランドがあります。
現在のラインナップは
シャンプー 2タイプ
コンディショナー 2タイプ
アウトバスオイル 
そしてこの秋に向けて様々アイテムを発表予定です。

その中でも
今回、10月末に発売するオリエンステラ「gemma」シャンプーはコスモスオーガニック認証の基準を満たしたシャンプーです。
パッケージデザインは
佐々木香菜子
http://www.sasakikanako.com

少々長くなりますが
コスモスオーガニック認証について記載しましたので以下の文面をご参考下さい。
以下文面は

より参照。

コスモスオーガニックとは

ヨーロッパの5つの認証団体が統一されるオーガニック認証団体です。まだ日本では正式な認証機関がないためオリエンステラはコスモスオーガニックという世界基準に挑戦しました。
この認証を得るためには以下の基準を全て満たすことが必要とされます。

コスモスオーガニックの基準
①化粧品成分中の数値的規定

・オーガニックであるためには、少なくも製品の95%が自然原料であること。

・植物原料の95%以上がオーガニック認証原料の基準を満たすこと。

・オーガニック認証原料は20%以上(*エコサートでは10%)を配合すること。

(例外:リンスオフ製品、乳化されていない水溶 性の商品、80%以上がミネラルまたはミネラル由来の

原料の商品は最低10%以上をオーガニッ クとすることが求められる)
②製品には、キャリーオーバを含めた全成分表示を行い、オーガニック成分の含有量を記載すること。

(キャリーオーバ:原料に含まれる微量添加物、日本の法律では全成分表示はキャリーオーバの記載不要とされるが、製品でコスモス認証の化粧品 は全てを表示する必要がある)
③原料及び原料の素原料に遺伝子操作物質、放射線照射物質、ナノマテリアル原料、禁止された化学物質が入っていないこと。
④上記の成分原料は、メーカーや原料製品名を特定してコスモスに登録すること。
★製造管理、トレーサビリティ

①製造販売された化粧品について、原料の購入、製造、販売の過程がトレースできること。

(食品のトレーサビリティと同様です)
②原料貯蔵過程、製造過程、流通過程で禁止物質や非オーガニック成分が混入することがないように管理、運用されていること。(非オーガニック の製造ラインとの分離、製造ラインの洗浄剤の選択、等が求められます。

③製造が環境に悪影響を与えないこと、容器のリサイクル性が高いこと。

実地監査、継続性
④これらが正しく守られていることが立ち入り監査で確認されること。

(偽装を許さないしくみになっています)
⑤その後も定期的な監査で正しく運用されていることが継続的に確認されること。(認証後も定期的に抜き打ち監査を受けます)

以上ような様々な基準をクリアする製品です。
僕個人的はお客様が安心して使用でき、尚且つ求める効果がある事

そして美容師が自信を持ってお客様にお勧めできる事が1番だと思います。

デザインと機能の両立
長く使い続けられる物
美容師とお客様の信頼関係

美容技術を通してお客様と繋がり
常に僕がお客様のそばにいることは不可能ですが
日々の髪のコンディションを良くしたり美容を通してライフスタイル作りのお手伝いができたら光栄です!(^_^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中