【肌で感じた事】

20140514-184816.jpg

2000年にAArtiriorをopenして以来今回のヨーロッパ滞在で10日以上サロンを空けたのは勿論初めてです

そこには僕として大きな理由があります

これからも美容師としてAArtiriorとして存在し続ける事
美容師を職業にしている以上
お客様に支持される事が全てであり
お客様に支持される為に様々な事を学び技術、センス、サービスを提供する事だと思います

日本国内にこれだけ美容室が多い時代に様々な考え方や価値観で美容室が存在してます

はたして僕は本当に美容師として
AArtiriorのトップとして
お客様やスタッフに誇りと自信を与えられているのか?
自分が今まで見てきた事や
現在考えている美容師としての価値観が正しいのか?
日本の美容室と海外の美容室の仕組みの違いは?
日本の美容師の技術は世界レベル?
本当におもてなしは日本が1番?
他にも様々な事柄を自分の目で確かめ肌で感じる事が必要だと思い
フランクフルトでのウエラトレンドビジョンの後ロンドン、パリに行く事にしました

今回まず感じた事は経済的な仕組みやそれぞれの国の人々のライフスタイル
流行に対しての価値観
髪に対しての価値観
それぞれの国の美容師の立ち位置や美容室の仕組みの違いをかなり感じました

パリでの滞在についてはある方に僕がやりたい事を伝え全てコーディネイトをして頂き実際にカット、スタイリング、シューティングをパリの美容師達の前でおこないました

更にパリでのトップクラスの美容師の技術や接客、サービス、サロンの空間作りやこだわり等、自分の目で確かめました

短い時間でしたが内容の濃いコミュニケーションを取る事ができました
そして日本からロンドンで合流した2名の美容師山澄氏、浦野氏が現地モデルでのシューティングに2日間同行しました

僕自身の美容師としての課題は勿論
AArtiriorとしての課題も沢山見つかりました

勿論日本国内で学べる事は沢山ありますし海外の事柄をそのまま日本に持ってきても通用しない事も沢山あります

しかし今回自分の目で確かめた事で
自分自身そしてAArtiriorとして進むべき方向が少し見えました

ひとつ言える事は僕の想像を遥かに超える事柄に出会えた事が全てです

これからもお客様やスタッフの為にもっと勉強したいと強く思いました

今回お世話になった方々誠にありがとうございました

あと最後にとても重要な事ですが
日本の美容師は海外の美容師に比べ経済的には非常に会社またはサロンに守られています
逆に個人的にはサロンのトップとしてスタッフにできてない事も沢山感じました

きっとどの国も共通ですがプロとして勝てている人は一握りの人間だと思います
日本よりよっぽどお客様の支持がなければギャランティされません
美容師の未来に約束なんてきっと無いと思います
だからこそ未来に向けて努力するのみです
お客様に支持されない美容師は美容師として生きていけませんから
まだまだ書き足りませんが……

僕自身まだまだですがもっともっとお客様と美容師をワクワクできる美容師でありたいと思います!

だからかっこいい作品、サロンを創ります!
スタッフ全員で‼︎

1件のコメント

  1. 御厨さんいつも拝見させて頂いてます!
    勉強になります!!!
    僕も御厨さんのような格好いい美容師になれるよう日々精進します!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中